脳科学関連プロジェクト

日本脳科学関連学会連合では、脳科科学将来構想委員会を設け、世界の脳科学の動向を把握し、各会員学会等からの意見を集約して、日本における脳科学のあり方について検討しています。そして各方面からの求めに応じて、さまざまな形で発信しています。
現在、国内では以下のような脳科学関連の大型プロジェクトが走っています。

●文部科学省委託事業

脳科学研究戦略推進プログラム 脳科学研究戦略推進プログラム

●国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)委託事業

革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト(Brain/MINDS) 革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト(Brain/MINDS)

●国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業

脳神経回路の形成・動作と制御 脳神経回路の形成・動作と制御

脳情報の解読と制御 脳情報の解読と制御

●文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究(平成28年度実施中のみ)

マイクロエンドフェノタイプによる精神病態学の創出(平成24~28年度) マイクロエンドフェノタイプによる精神病態学の創出(平成24~28年度)

グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態(平成25~29年度) グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態(平成25~29年度)

行動適応を担う脳神経回路の機能シフト機構(平成26~30年度) 行動適応を担う脳神経回路の機能シフト機構(平成26~30年度)

脳タンパク質老化と認知症制御(平成26~30年度) 脳タンパク質老化と認知症制御(平成26~30年度)

構成論的発達科学-胎児からの発達原理の解明に基づく発達障害のシステム的理解-(平成24~28年度) 構成論的発達科学-胎児からの発達原理の解明に基づく発達障害のシステム的理解-(平成24~28年度)

共感性の進化・神経基盤(平成25~29年度) 共感性の進化・神経基盤(平成25~29年度)

こころの時間学 ―現在・過去・未来の起源を求めて―(平成25~29年度) こころの時間学 ―現在・過去・未来の起源を求めて―(平成25~29年度)

脳内身体表現の変容機構の理解と制御(平成26~30年度) 脳内身体表現の変容機構の理解と制御(平成26~30年度)

多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出(平成27~31年度) 多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出(平成27~31年度)

非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解(平成27~31年度) 非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解(平成27~31年度)

多様性から明らかにする記憶ダイナミズムの共通原理(平成25~29年度) 多様性から明らかにする記憶ダイナミズムの共通原理(平成25~29年度)